世界遺産まとめサイト

世界遺産 | SEKAI ISAN - THE WORLD HERITAGE

南アメリカ 基本情報

エクアドルの基本情報

更新日:

472619 / Pixabay

エクアドルは、南アメリカの北西部に位置し、北にコロンビア、東と西にペルーと国境を接し、南アメリカ大陸本土から1000km東に離れた太平洋上に浮かぶエクアドル諸島もエクアドルが領有している。人口は1,662万人と中南米ではグアテマラに次いで9番目に多い。
チャールズ・ダーウィンの種の起源で有名なガラパゴス諸島やアンデス山脈にある活火山コトパクシ、エクアドル最高峰のチンボラソ、熱帯雨林など自然の豊かさも魅力の一つである。

エクアドルの基本情報

正式名称:エクアドル共和国 / Republic of Ecuador
首都:キト / Quito
人口:1,542万人
面積:25.6万km²
人種・民族:メスティソ(白人とインディヘナの混血) 71.9%、モントゥビオ(インディヘナと黒人の混血) 7.4%、アフリカ系7.2%、インディヘナ(先住民)7.0%、白人 6.1%、その他 0.4%
宗教:キリスト教カトリック
言語:スペイン語
通貨:アメリカドル。コインのみエクアドル製が発行。
税金:付加価値税:12%
日本との時差:-14時間(ガラパゴス諸島は-15時間)
サマータイム:なし

エクアドルの国旗

エクアドルの国旗は、上から黄色、青、赤の横三色旗。中央にはエクアドルの国章が配置されている。黄色は作物や肥沃な土壌、青色は空と海、赤は独立戦争で犠牲になった英雄たちが流した血を表している。

国章
楕円形の盾の上にはエクアドルの権力と偉大さを象徴するコンドル、盾の中にはエクアドルで最も高い山であるチンボラソ山とグアヤス川と蒸気船(船の名前もグアヤス)、盾の上部の帯に配置された自由を表す金色の太陽と、それを取り囲む占星術の牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座はフアン・ホセ・フローレス将軍が失脚した1845年の3月革命が行われた3月から7月の間を意味している。盾の下には共和制の象徴であるファスケスと呼ばれる斧があり、盾の周りには4本のエクアドル国旗と、栄光と共和国を表す月桂樹、平和を表すヤシが描かれている。

エクアドルの気候

ラテンアメリカの北西部に位置するエクアドルは多種多様な気候があり、主に標高によって気候が変わり、「コスタ(海岸地帯)」、「シエラ(山岳地帯)」、「オリエンテ(熱帯雨林地帯)」、「ガラパゴス諸島」の4つの地域に分けられる。

エクアドルの気候は、エルニーニョとラニーニャの影響を受ける。エルニーニョの年は、海面が約2、3cm上昇し、海水(および空気)の温度は数度上昇する。大雨は12月から5月の間に通常乾燥している沿岸域に影響を与える。アンデス地域でも通常より雨が多く降る。ラ・ニーニャの年は、海水(および空気)の温度は通常より低くなり、降雨はより少なくなる。

コスタ(海岸地帯)

アンデス山脈の西側には、熱帯気候の平野がある。乾季(北部は7月から11月、南部は5月から12月)と雨季(北部は12月から6月、 南部は1月から4月)があり、雨量は大きく異なります。一般的に、海岸はアンデス山脈の地域よりも乾燥しており、北部は南部よりも雨が多い。気温は年間を通して高いが、南半球の冬と春はわずかに減少する。

グアヤキル

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温(℃) 31 31 32 31 31 29 29 29 30 30 30 31
最低気温(℃) 22 23 23 23 22 21 20 20 20 20 21 22
降水量(mm) 167 197 199 148 35 6 1 0 1 1 5 31

シエラ(山岳地帯)

エクアドルの中央部にはアンデス山脈があり、オクシデンタルとオリエンタル、2つの山脈に分かれており、かなりの高さの火山がいくつかある。オクシデンタル山脈には、エクアドル最高峰チンボラソ火山(6,268m)があり、オリエンタル山脈は、コトパクシ山(5,897m)、アンティサナ(5,704m)、カヤンベ(5,790m)などがある。

山間には台地があり、標高2,850メートルに位置する世界で2番目に標高が高いエクアドルの首都キトがある。気温は穏やかで、一年中春のようで平均最高気温は20℃前後。夜間の平均最低気温は10℃前後で、氷点下に近づくこともある。

年間降水量は1,200mmで、10月から5月の雨量は豊富である。山岳地帯で最も良い時期は6月から9月中旬(ほとんど雨が降らないのは7月と8月)。標高が3,500メートルまで上がると、年間平均気温は7、8°Cで夜間はかなり寒くなる。

キト

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温(℃) 20 20 20 20 20 20 21 21 21 21 20 20
最低気温(℃) 8 8 8 8 8 7 7 6 8 7 8
降水量(mm) 120 137 163 189 116 56 22 32 84 130 120 104

オリエンテ(熱帯雨林地帯)

エクアドルの北西部、コロンビアとの国境沿いの広大なアマゾン地域では、蒸し暑く、年間を通して雨が降ります。
雨量は非常に多く、ほとんどの低地で年間約2,800〜3,000mmの雨が降る。主に午後に重いシャワーや雷雨の形で発生。比較的雨の少ない時期は北西で8月から11月、アマゾンでは11月から3月に月150〜200mmの降水量になる。平均気温は、夏(12月〜1月)は26℃、冬(7月は最も涼しい月)は23℃。湿度は常に高い。

Puyo

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温(℃) 26 26 26 26 26 25 25 26 27 27 27 27
最低気温(℃) 17 17 17 17 17 16 16 16 16 16 17 17
降水量(mm) 296 298 420 455 401 440 370 312 344 631 357 349

ガラパゴス諸島

エクアドルから西に約1000キロメートル離れたガラパゴス諸島は、比較的暖かい雨季(1月〜5月)と涼しい乾季(7月〜11月)がある。
冷たいフンボルト海流の影響により、赤道付近の場所から予想される気候よりも冷たい。
雨季の平均最高気温は30℃付近、最低気温22℃付近。乾季の平均最高気温25℃、最低気温18℃付近。
ガラパゴス諸島もエルニーニョとラニーニャの影響を受け、1年ごとに気候が変化するので天気を予想することは非常に難しい。

プエルト・バケリゾ・モレノ

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温(℃) 28 30 30 30 28 27 25 25 25 25 26 27
最低気温(℃) 22 23 22 22 22 21 20 19 19 19 20 21
降水量(mm) 70 111 100 79 20 12 14 10 12 10 9 17

エクアドルの祝日

1月1日 元日 / New Year's Day

2月24、25日 カーニバル / Carnival

4月10日 聖金曜日 / Good Friday

4月12日 イースター(復活祭) / Easter

5月1日 労働者の日 / Labour Day

5月25日 ピチンチャ戦勝記念日 / Anniversary of the Battle of Pichincha

8月10日 エクアドル独立記念日 / Independence Day

10月9日 グアヤキル独立記念日 / Indepencende of Guayaquil

11月2日 死者の日 / All Souls' Day

11月3日 クエンカ独立記念日 / Independence of Cuenca Holiday

12月6日 キト祭 / Foundation of Quito Day

12月25日 クリスマス / Christmas Day

エクアドルの祭・イベント

カーニバル / Carnival

日程:2月

セマナ・サンタ / Semana Santa

場所:キト
日程:3月末〜4月上旬

インティ・ライミ / Inti Raymi (Sun Festiva)

日程:6月22日

ママ・ネグラ / Mama Negra Festival

場所:ラタクンガ
日程:9月末、11月11日の週

エクアドルのビザ

1年間で90日以内の滞在であればビザは不要(パスポート残存期間6ヶ月以上)。
アメリカを経由する場合はESTA(アメリカ電子渡航認証システム)が必要になります。14ドルで2年間有効。

エクアドル渡航に必要な予防接種

推奨されているもの(義務でなない)
ご自身の旅行プランに合わせて接種してください

A型肝炎,B型肝炎,破傷風、狂犬病(犬、野生動物と接触)

マラリア
マラリアは注射ではなく予防薬があり、医師の処方が必要です。渡航予定地域を確認し、医師に相談してください。

黄熱病
黄熱流行国から入国する場合は黄熱予防接種証明書(イエローカード)が必要
流行国の空港に12時間以上滞在した渡航者も必要になります。

アンデス山脈東側の標高2300m以下の地域へ渡航する場合は、黄熱病に感染する危険があるので、予防接種が推奨されています。

アンデス山脈西側は必要なし。標高2300m以上の地域、グアヤキル、キト、ガラパゴス諸島のみに渡航の場合も必要なし。

エクアドルの治安

外務省の危険情報によるとキト市街は危険レベル1。日本人は富裕層に見られ、危機意識が薄いので強盗、置き引きなどに狙われやすいとのこと。キトでは、スリ、置き引きのほか、バイクでのひったくり、睡眠薬による昏睡強盗が増えているそうです。2013年にギアヤキルで日本人夫婦がタクシー強盗に遭い旦那さんが胸を打たれて亡くなる事件が起きています。流しのタクシーは危険なので絶対に乗ってはいけません。正規のタクシーと白タクの見分け方は、正規のタクシーは車体が黄色でナンバープレートがオレンジ。もしくは白で上端がオレンジ。正規である証明書が左右のドアと前後の窓ガラスに貼ってあります。タクシーに乗る際は念のためナンバープレートと証明書の番号を控えておきましょう。

コロンビアとの国境付近はコロンビアの反政府ゲリラや麻薬組織による誘拐や殺人事件が多発。巻き込まれる可能性がある以上、近づくのは避けた方が良い。

また、エル・レベンタドール火山、コトパクシ火山、トゥングラウア山は火山活動が続いているため警戒が必要。

危険情報

レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告) ※マップオレンジ斜線部分
アンデスの道路網カパック・ニャン(一部含まれる)

レベル2:不要不急の渡航は止めてください ※マップ黄色斜線部分
アンデスの道路網カパック・ニャン(一部含まれる)

レベル1:十分注意してください ※マップ薄黄色斜線部分
キトの市街

エクアドルにある世界遺産

文化遺産

01.キトの市街(1978年)
02.サンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカの歴史地区(1999年)
03.アンデスの道路網カパック・ニャン(2014年)

自然遺産

04.ガラパゴス諸島(1978年)
05.サンガイ国立公園(1983年)

複合遺産

なし

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-南アメリカ, 基本情報

Copyright© 世界遺産 | SEKAI ISAN - THE WORLD HERITAGE , 2020 AllRights Reserved.